Fallout4には多種多様なクラフト・カスタム要素があります。
建築物や銃、防具、爆弾、料理、パワーアーマーなどなど。
3やNVもベンチからアイテムが作成できましたが、Fallout4ではクラフトが格段に強化された上に、使用用途に伴った各種ベンチが用意されてます。
それ故に、作成に必要な材料も細分化され、今まで以上に所持アイテムの総重量に気を付ける必要がありそうです。

この記事では、実際に掘っ立て小屋を建てて建築物クラフトを紹介してみようと思います。

fallout4-review-craft3
このワークショップ台からクラフトを選択するとワークショップメニューなるものが展開します。

fallout4-review-craft4
ワークショップメニューを展開している状態で、廃墟にある家具や道端に落ちている木を解体し、鉄や木材などの建築に必要な材料を入手することができます。
※このワークショップメニューは、一定のエリア内であれば何処でも開ける。

fallout4-review-craft5
さて今回は、とある寂れた集落にお粗末な別荘を建築してみることとします。
まずはメニューからプレハブを選択して設置。

fallout4-review-craft6
さすがに風通しが良すぎるので壁を付ける。

fallout4-review-craft7
何となく小屋の外に日向ぼっこ用のベンチを置いてみる。

fallout4-review-craft8
屋根に監視バリケードを設置したいので梯子を設置。

fallout4-review-craft9
さて次に内装に着手。
まずは飾りとして壁にステッカーをペタっと。

fallout4-review-craft10
さらに、テレビ・ソファー・道具収納・テーブルなんかを次々に設置。

fallout4-review-craft11
これが面白いアイテムでして、これを設置すると、以降はこのターゲットを設置した場所にFTしてくれます。

fallout4-review-craft12
おっと寝具を忘れてた。
小さい小屋なのでベッドじゃなく寝袋を置いておこうかな。

fallout4-review-craft13
最後に何を血迷ったかバスケットゴールを作っておく。

fallout4-review-craft14
はい完成!
ちょっとボロっちい別荘の出来上がり。

fallout4-review-craft15
内装はこんな感じに。
ちなみにテレビや照明を付ける場合はジェネレーター(発電機)を設置する必要があります。
タレットや地雷も設置したかったんですが材料が無かった。

fallout4-review-craft16
この建築クラフトだけでも数100時間は費やせそうな気がしてきたな。