MOD:Photorealistic Wasteland FX

グラフィック描写を改善または変更するシェーダーセット。
ENBとは別物で、SweetFXでポストプロセスを調整し、エイリアスやDOFなどを適応できるプリセットなようです。
肝心の雰囲気といえば、彩度を強めてコントラストを落としたって感じでしょうかね。

Photorealistic-Wasteland-FX20
解凍した中身をFallout4のフォルダ(C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Fallout 4)にぶち込むだけで機能してくれますが、http://reshade.me/からReShade Frameworkをダウンロードして、↑SSの赤で囲ったファイルを予めFallout4のフォルダに入れ込んでおく必要があるようです。(無くても動いたけど)
ReShade64.dllとReShade32.dllがありますが、これは恐らくWindowsのビット数なのでご自身のOSのビット数を確認してどちらかを入れてください。

Photorealistic-Wasteland-FX15
Photorealistic-Wasteland-FX14
Photorealistic-Wasteland-FX13
Photorealistic-Wasteland-FX12
Photorealistic-Wasteland-FX7
Photorealistic-Wasteland-FX9
Photorealistic-Wasteland-FX10
Photorealistic-Wasteland-FX11
Photorealistic-Wasteland-FX6
Photorealistic-Wasteland-FX5
Photorealistic-Wasteland-FX4
Photorealistic-Wasteland-FX3
Photorealistic-Wasteland-FX16
Photorealistic-Wasteland-FX17
Photorealistic-Wasteland-FX18
Photorealistic-Wasteland-FX8
Photorealistic-Wasteland-FX19
何枚か撮影してみましたが、このReShadeを適応した状態ではSteamのスクリーンショット機能に効果が載りません。
作者さんいわく、FRAPS等のユーティリティを使って撮影したらええ、とのことです。

ちなみに、PWFX 2.3にはDOFが設定されていませんが、ReShadeフォルダ内にあるMcFX.cfgを開き、78行目の「#define USE_DEPTHOFFIELD 0」を「#define USE_DEPTHOFFIELD 1」にすることでDOF効果を使用することが可能です。