MOD:Xtreme CinemaX with LFX

ReShade(Sweet FX)+ENBのグラフィック向上MOD。
作者さんもディスクリプションで記してますが、マシンスペックはそれなりのものを要求されます。
GTX980環境を持ってしても若干FPSが落ちました(バニラ60以上、導入後40前後まで低下)

導入手順は以下

Photorealistic-Wasteland-FX20
1. まずはReShade Framework一式を導入します。
http://reshade.me/からReShade Frameworkをダウンロードして、↑SSの赤で囲ったファイルをFallout4のフォルダ(C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Fallout 4)に入れてください。
ReShade64.dllとReShade32.dllがありますが、これは恐らくWindowsのビット数なのでご自身のOSのビット数を確認してどちらかを入れてください。

Xtreme-CinemaX-with-LFX00
2. http://enbdev.com/download_mod_fallout4.htmよりFallout4用のENBファイルを入手します。
解凍したファイル内のWrapperVersionフォルダの中にある、「d3d11.dll」と「d3dcompiler_46e.dll」を項目1と同じフォルダへコピーしてください。

3. Xtreme CinemaX with LFXのダウンロードページにある、Xtreme CinemaX FUTURAかXtreme CinemaX Normalをダウンロードし、解凍した中身をFallout4フォルダへぶち込む。

4. 同じくXtreme CinemaX with LFXのダウンロードページにあるLFX Normal V 0.6.2かLFX True Storm compatible V 0.6.2(True Storms – Wasteland Edition (Thunder-Rain-Weather Redone) との共存用)をダウンロードして、NMM等のMODマネージャーにて読み込む。

5. ご自身の使用可能なVRAMサイズの値を計測します。
http://enbdev.com/download_vramsizetest.htmよりファイルをダウンロードして、VRamSizeDX11.exe(またはDX9タイプ)を実行して数値を確認。

6. Fallout4フォルダ内にあるenblocal.iniを開き以下のように変更

[MEMORY]

ForceVideoMemorySize=false
VideoMemorySizeMb=計測したVRAMの値

[PROXY]

EnableProxyLibrary=false
InitProxyFunctions=true
ProxyLibrary=dxgi.dll

これにて概ね設定完了。
ぶっちゃけ5、6は省いても問題無く動きます。

その他不明点は作者さんのディスクリプションをご覧ください。

Xtreme-CinemaX-with-LFX25
Xtreme-CinemaX-with-LFX24
Xtreme-CinemaX-with-LFX23
Xtreme-CinemaX-with-LFX22
Xtreme-CinemaX-with-LFX21
Xtreme-CinemaX-with-LFX20
Xtreme-CinemaX-with-LFX19
Xtreme-CinemaX-with-LFX26
Xtreme-CinemaX-with-LFX18
Xtreme-CinemaX-with-LFX17
Xtreme-CinemaX-with-LFX16
Xtreme-CinemaX-with-LFX15
Xtreme-CinemaX-with-LFX14
Xtreme-CinemaX-with-LFX13
Xtreme-CinemaX-with-LFX12
Xtreme-CinemaX-with-LFX11
Xtreme-CinemaX-with-LFX9
Xtreme-CinemaX-with-LFX8
Xtreme-CinemaX-with-LFX7
Xtreme-CinemaX-with-LFX6
Xtreme-CinemaX-with-LFX5
Xtreme-CinemaX-with-LFX4
Xtreme-CinemaX-with-LFX3
Xtreme-CinemaX-with-LFX2
夜が鬼のように暗くなるので、戦闘や散策にはやや苦労を強いられるかも。