恐らく手軽に出来るめちゃめちゃ簡単なカスタマイズだと思われますが、色を変えただけでも全然印象が変わります。
ベガスは衣装MODがかなり少ないので、もはや自分で創意工夫するしかないという現実。

今回はBabyDollCostumeの衣装の色を変更してみようと思います。

まず用意すべきはレタッチソフトとDDS(圧縮テクスチャファイル)を編集可能にするツール。

とりあえず無料でオススメなのはGIMP2でしょうか。定番ですね。
GIMPの場合はDDSを編集するにあたって、GIMP DDS PluginGIMP normalmap plugin(色の変更だけなら不要)が必要です。

PhotoShopを持っている方はNVIDIA Texture Tools for Adobe Photoshopを導入する事によりDDSを編集可能になります。

chenge-texture2
DATA\textures\0_ASUKA\ArmorBabyDoll内にあるAsukaBD.ddsを開いてみます。
するとこんな感じのよくわからん画像が表示されますが、よく見るとBabyDollの衣装の模様や素材がありますね。
これをNif等のメッシュファイル(骨組み)にデロンと貼り付けてる感じです。

chenge-texture3
色の変え方は方法が沢山ありますが、選択範囲を取ってその部分を色調補正で変更しちゃうのが簡単でしょうか。
細かい事を気にしないのであれば画像ごと色調補正でもいいと思います。

とりあえず、全体を黒っぽく変更し、袖とスカートの白いラインを赤に変更してみました。
おまけでうちのロゴを胸ポケットに付けてみた。

chenge-texture4
ついでにAsukaBDHolster.ddsを開き、ホルスターも赤に変更。
AsukaBDTai.ddsのニーハイブーツ&リボンも赤にしました。

chenge-texture5
編集が終わったら保存しますが、これが要注意で、赤丸で囲った部分のファイル形式がとても重要です。

初期選択値の「DXT1 RGB 4 bpp | no alpha」は一番軽い形式ですが、アルファチャンネルを保持できないので透明効果を使えません。BabyDollの衣装はばっちりアルファチャンネルを使っているので、アルファチャンネルを保持しつつ、やや圧縮率低めの「DXT5 ARGB 8 bpp | interpolated alpha」を選択。
ファイル形式は下に行くほど高画質・低圧縮率ですが負荷もすごいみたいです。

さて、いろいろありましたが保存して完了。FOMMかNMMで読み込めばバッチリ色が変わってるハズです。

chenge-texture6
イイ感じに出来上がりました。胸のロゴもバッチリ。
ちょっとケチャップこぼしたみたいに見えるけどw

すんげえ簡単なのでやってみて下さい。